合宿免許に興味がある?メリットとデメリットをまずは知ろう!


後悔をしないためにメリットとデメリットを知る

自動車の教習所には通学制と合宿制がありますが、短期間で取得を考えているのなら、合宿制を選びたいと考えているかもしれません。しかし、合宿制にはメリットだけではなくデメリットも存在するので、知ったうえで利用するほうを決定して後悔しないようにしましょう。

合宿免許を利用するときのメリット

合宿免許を利用する一番のメリットは、やはり二週間程度の短期間で免許を取得できてしまうことです。二週間で卒業できるようにしっかりとスケジュールが組まれているので、自分で授業や講習の予約をする必要はありません。また、通学制よりも費用がかからないこともメリットなので、できる限り安い料金で免許を取得したい方にもぴったりです。学生の休みとかぶらない、いわゆるオフシーズンならばさらに安いので、利用する期間を調節できる方はさらにお得に免許を取得できるでしょう。

なお、利用する合宿免許によって、宿泊施設にも楽しみが待っていることがあります。美味しい食事だったり温泉だったりするので、通学制では考えられない環境で免許の取得を目指せるでしょう。近場に観光スポットがあれば訪れることも可能なため、旅行気分を楽しむことだってできます。もしも、それらのメリットを享受したいのなら、宿泊施設と周りにある観光スポットのリサーチをしっかりと行いましょう。どちらとも合宿免許の教習所の公式ホームページに載っているケースもあるので、目を通してみることをおすすめします。

合宿免許を利用するときのデメリット

合宿免許を利用する場合の、一番のデメリットは近くにある教習所を利用できないことです。近場に通学制と合宿制の両方を行っている教習所が存在する方もいるでしょう。その場合、通学制ならば問題なく入校できますが、合宿制のほうには入校することができないのです。なぜならば、自身の住んでいる都道府県にある教習所には入校できないようになっているからです。つまり、合宿免許の利用を考えているのならば、必ず住んでいる都道府県外の教習所を選ばなければいけないのです。

また、教習所が組んだスケジュール通りに進められずに、講習や授業が終わらなかった場合は追加料金が発生する可能性があります。通学制でも同じなのですが、合宿制の場合は宿泊料金も取られてしまうことを忘れてはいけません。そこそこの宿泊料金が取られてしまうと、安いはずの合宿免許の料金が高くなってしまう可能性もあります。ちなみに、保証制度がある教習所なら一定の期間は追加料金が発生しないので、自信がないのならうまく活用しましょう。

合宿免許では、短期間で運転免許の取得が可能なので、経済的な負担が少ないことも魅力です。学生の方でも学校の長期休みを利用して参加する事ができます。